膣カンジダ 症状 治療

膣カンジダの症状・検査・治療・発症するまでの期間

 

膣カンジダはカンジダアルビカンスというカビが感染して起こる病気で、もともと女性の膣内にいる菌です。
ですので、量が少なければ問題を起こしませんが、たくさん増殖することで起こる病気です。

 

菌が大量に遅くする原因は二つ考えられます。

 

一つ目は性行為でパートナーに移されること。カンジダ症になっているパートナーから菌を大量にうつされることで発症します。

 

もう一方は抵抗力が落ちた時に常在菌が大量に繁殖して起こることです。

 

抗生物質を飲んだりステロイド剤を使っている、糖尿病にかかっていると免疫力が落ちて普段は静かにしているカンジダ菌が大繁殖しこの症状を引き起こします。

 

潜伏期間

潜伏期間は一定していません。

 

カンジダの症状

膣カンジダの症状は性器から肛門にかけての我慢できないかゆみです。
非常にかゆくなってかきこわしてしまいます。
皮膚が真っ赤になることも多くひどくなると灼熱感を伴います。

 

そしておりものにも異常が現れ白色のヨーグルト状のおりものになって量が増えます。
そしてそれが下着につくとポロポロとしたカテージチーズの様な状態になります。

妊娠や出産への影響


出産する時にカンジダ症にかかっていると産道で赤ちゃんの口に感染してカンジダ性の口内炎を起こすことがあります。

 

そうすると口の中にミルクのカスのようなものがたくさんできてしまいますが、抗菌剤を塗ることで治ります。

検査する方法


検査する方法は膣の分泌物を調べます。
顕微鏡で原因になる菌を検出することで比較的簡単に診断することができます。

 

分かりにくい場合は分泌物を培養して確実な診断をつけます。
それ以外に子宮がんの検診の時に細胞診で見つかることがあります。

 

治療方法

治療するためにはカンジタ菌を殺す抗菌剤を膣内に入れる膣錠で1週間から10日間治療します。
入っている薬剤はミコナゾールやイトコナゾールそしてクロトリマゾールなどがあります。

 

膣錠を入れても治らない場合は、内服する場合もあります。

 

それ以前に膣カンジダ症を発症する背景、例えば免疫力が低下している、糖尿病などを治さないと何度も再発を繰り返してしまいます。

 

性行為で感染する場合、男性は軽い排尿痛やかゆみだけなのでほとんど気づかないことが多いです。