クラミジア感染症 症状 発症

クラミジア感染症の症状・検査・治療方法・発症するまでの期間

クラミジア感染症の症状・検査・治療方法・発症するまでの期間

 

クラミジア感染症は以前は目の病気で知られていましたが、最近では目の病気はめっきり少なくなり性感染症として猛威を振るようになりました。

 

感染している方が増えているのは症状が軽いため、感染に気付かずにパートナーに移してしまい感染者が増えています。
症状が軽いといっても、女性の場合は妊娠にも影響が出るので看過できない病気です。

 

潜伏期間

1週間から3週間

 

症状

全く症状がないことも多くおりものが少し増える、軽い下腹部痛、排尿時の痛みなど見過ごされがちな症状です。

 

しかし知らないうちに病気が進行して子宮頚管炎尿道炎や卵管炎など起こしてそのような臓器が痛むことで気づくこともあります。

 

検査の方法検査

子宮頚管炎を起こしている場合は膣の分泌物をしらべることで分かりますが、子宮頚管炎を起こしていない場合は陰性になることがあるので血液検査を行って調べる必要があります。

 

治療方法

治療方法は抗生物質を飲むか注射をするのどちらかです。
約2週間程度で完治します。

 

妊娠や出産への影響

クラミジア感染症で危険なのは不妊症になりやすいということです。
妊娠しても子宮外妊娠をしてしまったり流産起こしてしまったり低体重児が生まれるなどのリスクが高まります。

 

そしてクラミジア感染症になったのは出産をすると赤ちゃんにクラミジアの肺炎が移ってしまうこともあります。

 

男性の症状

男性もクラミジア感染症に感染します。
しかし症状は軽く排尿時に少し痛んだり尿道がかゆくなったり、ペニスから分泌物が出ることで下着が汚れるなど女性よりさらに軽い症状で気づきにくいものです。

 

放っておくと尿道炎や睾丸炎になって、男性不妊症の原因になったりする事もありますので、注意が必要です。
女性が感染していたら男性にも感染している可能性が高いですので、両方治療することが必要です。

 

クラミジア感染症の注意点

クラミジア感染症を予防するためにはもしかしたらと思ったらすぐに検査を受けることです。
とにかくクラミジア感染症は症状が軽くて見過ごしてしまいがちです。
ですが、知らないうちにパートナーに移してしまって広がってしまうリスクがあります。

 

性行為から三週間経ってこれはクラミジア感染症かもしれないという症状があれば積極的に婦人科に行って検査を受けましょう。

 

家に抗生物質があるので自己判断で飲んで治そうと思うのも危険です。
症状が治ったように見えても完治していないことが多いですので、必ず婦人科に受診します。

 

そして妊娠中にクラミジア感染症がわかった場合治療すれば赤ちゃんの完成も過ぎます。
ですので、妊娠中にも検査をすることが大切です。