尖圭コンジローマ 症状 発症

尖圭コンジローマの症状・治療・検査・発症するまでの期間

 

尖圭コンジローマはデリケートゾーンにできるイボのことで、イボの先が尖っているのでこのような名前が付いています。

痛みやかゆみはなく症状が重くなりませんが、イボを取り除くのにレーザーや外科的な手術が必要なってそれが大変です。

 

そして治ったように見えてまた再発するのが特徴で、完全に取り除くのはなかなか難しく途中で治療投げ出さないことが大切です。

 

女性の場合は子宮頸がん、男性の場合は陰茎癌との関係が深いとされています。

 

潜伏期間
3ヶ月間

 

尖圭コンジローマの症状

性器から肛門にかけてカリフラワー状・ニワトリのトサカの様な白かったりピンク色の米粒大のイボがたくさんできます。

 

先が尖っているので触ればすぐにわかります。
肛門の近くや子宮・膣部などにも発生し膣内にも発生します。

 

痛み赤みはありませんが、小さいもので米粒大、大きいものでは親指の先ぐらいの大きさになります。

 

妊娠出産への影響

感染したまま赤ちゃんを産むと、産道通る時に赤ちゃんの喉に感染してイボができることがあります。

 

そのイボが原因で窒息してしまったり癌になってしまうこともあります。
ですので、帝王切開で産むことでそれを回避することができます。

 

尖圭コンジローマの検査方法
イボの組織を取ってウイルスの検査をします。

 

治療方法

治療方法では電気で焼いたり凍結させたり切除したりする方法が一般的です。
また抗がん剤入りの軟膏を塗って治療することもあります。

 

どちらの治療方法もデメリットがあります。
手術の場合医者が見ながら取り除くので、目で見ることができない小さい尖圭コンジローマを残してしまいます。
これが後で大きくなると再発となってしまいます。

 

軟膏を塗る場合は治療に時間がかかり、正常な皮膚の上に塗ってしまうとそこに潰瘍ができてしまうことがあります。

 

注意するポイントは潜伏期間が長く忘れた頃に症状が発症することです。
イボが出来ても治療しなかったり再発したものを放置していると相手に移してしまいます。

 

ですので、最後までしっかりと治療することが大切です。

 

子宮頸がんや陰茎癌の原因に

そしてヒトパピローマウイルスは子宮頸がんとの関係性が高いといわれていて治ったと思ってもウイルスが体内に残ってしまうので定期的に子宮頸がんの検査を受けることが必要です。

 

またこのヒトパピローマウイルスに感染しても尖圭コンジローマが出来ずに子宮頸がんまで発展してしまって、ようやく気づかれることもありますので、定期的にがん検診を受けていくことも必要です。

 

男性の場合は亀頭の根元に米粒大から小豆大のイボが出来て治療方法は女性の場合と同じです。
放置しておくと相手に移すのはもちろんのこと陰茎癌になることがあります。