梅毒 症状 発症

梅毒の症状・検査・治療・発症するまでの期間など

 

梅毒は淋病と並んで昔からよく知られている性感染症でした。
そして発症すると10年ぐらいで死に至る不治の病として知られていました。

 

ですが、現在はよく効く抗生物質が現れ死に至る病ではなくなりました。
しかし過去の病気ではありません。
現在では増えつつある病気で見過ごせない病気です。

 

梅毒なんてまだあったのか、と思う方もいるかもしれませんが、梅毒は感染力が強く潜伏期間がとても長いので知らないうちに他人に沢山うつしてしまう可能性が高いものです。

 

そして妊娠すると赤ちゃんに大きな影響を与えてしまう病気です。

 

潜伏期間は10日から3ヶ月

 

梅毒の症状

症状は4つの過程になって現れます。
潜伏期間と症状が現れる時期を交互に繰り返して進行していきます。

 

第一期

第一期は感染してから3週間ぐらいで症状が出ない状態です。
その後性器の直径1cmの硬いしこりがぶつぶつができももの付け根にあるリンパ節が腫れます。
1cmのしこりは潰瘍になって自然に消えます。

 

第2期

感染から3ヶ月ぐらい経つと全身に症状が現れてきます。
小指の先ぐらいの大きさのぶつぶつが全身に出来る梅毒性バラ疹というものが現れます。

 

性器や脇の下などに出来る悪臭を放つぶつぶつ口の中に現れては消えるぶつぶつ頭には脱毛が起こります。
この様な症状は放置しているとやがて消失します。
この時期は一番感染力が高い時期です。

 

第3期

感染から3年ぐらい経つと全身に硬いコブの様な結成性梅毒ゴム腫が現れます。
これは放置しておくと治りますが、治った後に後がつくので見にくくなってしまいます。
この時期は感染性は弱くなっていて人に移す力を良くなっています。

 

第4期

感染から10年ぐらい経つと心臓や血管脳などに症状が及んで立ったり歩いたりすることができなくなって最後に死亡します。

妊娠や出産への影響


妊娠初期に感染すると胎児に感染して胎児が死亡するか流産してしまいます。
妊娠の後期に感染すると先天性梅毒児なってしまいます。

 

ただしおなかの中の赤ちゃんに影響するの妊娠4ヶ月以降なのでそれ以前に直せば心配はいりません。

 

検査方法

しこりをみたりトレポネーマが検出されるかどうか調べます。
そして血液検査を行います。
この検査は保健所で無料で匿名で受けることができます。

 

梅毒の治療方法

治療方法はステージによって異なりますが、第1期から2期であれば抗生剤を1ヶ月ぐらい飲むだけで治ります。
治ると血液検査で陰性になります。

 

3期以降の場合も抗生物質を飲んで直します。
治療期間は長くなります。
早く発見すればそれだけ直す時間も早く人への感染を防ぐことができます。

 

症状が現れては消えるのでその都度治ってしまったと思いがちですが、全身に発疹が出たり太ももの付け根がグリグリしてきたらすぐに検査を受けてすぐに感染に気づくことと早く治すことを優先します。

 

梅毒の場合男性と女性の症状は一緒ですが、子供に移すリスクが少ないという点が女性と異なります。