性感染症 STD

尖圭コンジローマ、クラミジア、カンジダ、膣炎など

性感染症の種類と対処方法記事一覧

尖圭コンジローマの症状・治療・検査・発症するまでの期間

尖圭コンジローマはデリケートゾーンにできるイボのことで、イボの先が尖っているのでこのような名前が付いています。痛みやかゆみはなく症状が重くなりませんが、イボを取り除くのにレーザーや外科的な手術が必要なってそれが大変です。そして治ったように見えてまた再発するのが特徴で、完全に取り除くのはなかなか難しく...

≫続きを読む

膣カンジダの症状・検査・治療・発症するまでの期間

膣カンジダはカンジダアルビカンスというカビが感染して起こる病気で、もともと女性の膣内にいる菌です。ですので、量が少なければ問題を起こしませんが、たくさん増殖することで起こる病気です。菌が大量に遅くする原因は二つ考えられます。一つ目は性行為でパートナーに移されること。カンジダ症になっているパートナーか...

≫続きを読む

エイズ(HIV)感染症の症状・治療方法・発症するまでの期間

HIVが日本に上陸した頃は同性愛者、麻薬中毒者の病気という偏見がありました。その後輸血でHIVに感染してしまうということも報道されました。しかし実際のところHIVに感染する方の3割は異性間の性行為でうつっていて、コンドームなどをつけていなければ誰でも感染するリスクのある病気です。先進国ではHIVの感...

≫続きを読む

梅毒の症状・検査・治療・発症するまでの期間など

梅毒は淋病と並んで昔からよく知られている性感染症でした。そして発症すると10年ぐらいで死に至る不治の病として知られていました。ですが、現在はよく効く抗生物質が現れ死に至る病ではなくなりました。しかし過去の病気ではありません。現在では増えつつある病気で見過ごせない病気です。梅毒なんてまだあったのか、と...

≫続きを読む

淋病の症状や検査・治療・発症するまでの期間など

淋病は梅毒と同じく昔の病気と思われていますが、全くなくなったわけではなく90年代からむしろ増加の傾向にあります。かかっている数は男性が女性の7倍ですので、女性にはかかりにくいと考えられがちですが、症状が目立たないためかかっていても気づかず実際には相当数いるとも考えられています。潜伏期間は2日から10...

≫続きを読む

クラミジア感染症の症状・検査・治療方法・発症するまでの期間

クラミジア感染症は以前は目の病気で知られていましたが、最近では目の病気はめっきり少なくなり性感染症として猛威を振るようになりました。感染している方が増えているのは症状が軽いため、感染に気付かずにパートナーに移してしまい感染者が増えています。症状が軽いといっても、女性の場合は妊娠にも影響が出るので看過...

≫続きを読む