デリケートゾーン におい 対策

カンジダは日和見感染(いつもいる菌が体力低下などで増殖して悪さをする)するもので性感染症ではありません。

 

しかしデリケート部分が痒くなって病院に行くのはなんとなく恥ずかしくて、できれば市販品で対処したいと思うのも無理ありません

 

実はカンジダに効く薬が市販で売られています。その2点を紹介します。

 

それは

  • 大正製薬のメディトリート膣剤・クリーム
  • 小林製薬のフェミニーナ膣カンジダ錠

 

ただし薬剤師の許可が必要

スイッチotc もともと医薬品で病院でしか買えなかった医薬品が、薬局のカウンターで買えるようになったものをスイッチOTC薬といいます。

 

OTC薬の中に、ガスターやロキソニンなどとならんで、カンジダ菌の殺してくれる薬があります。第一種医薬品で薬剤師がいる薬局薬剤師が常駐しているネットショップで買える買うことができます。

 

デリケートゾーンのにカンジタができると外陰部が激しくかゆくなります。
それで膣座薬の他にクリームでかゆみを止めたいという方が多いようです。
この薬は昔カンジタと診断されている方が再発した時に使う薬です。

 

 

小林製薬のフェミニーナ膣カンジダ錠

カンジダの市販薬

 

1つ目はotc薬メディトリートこちらの

 

cmでよく放送されているフェミニーナ
フェミニーナの中でもフェミニーナ膣カンジダ錠というものがカンジダに効果がある、オキシコナゾール硝酸塩という成分が入っています。

 

カンジダ菌を殺してくれる作用があり、全部で6個入っていて6日で治るようになっています。

 

※一方CMでやっている「フェミニーナ軟膏S」は生理のかゆみなどむれやかぶれ用になので、カンジダには使わないようにしましょう

 

大正製薬のメディトリート

大正製薬のメディトリート膣座薬とクリームタイプの二つの種類があります。
この薬の成分はミコナゾール、医療用のフロリード膣座薬と同じ成分です。

 

こちらの成分はミコナゾールという成分でカンジダ菌を殺してくれる作用があります。膣座薬タイプとクリームタイプがあってクリームタイプは外陰部に塗るのに適しています。

 

 

カンジダ予防薬用石鹸

 

カンジダ予防石鹸

 

最後にカンジダを予防する成分入っている薬用石鹸を紹介します。
それは持田ヘルスケアが出しているコラージュフルフル泡石鹸という石鹸

 

ミコナゾールというカンジダ菌を殺す成分とトリクロサンという殺菌成分が入っています。

 

この石鹸でいつも洗っていればカンジダが再発するのを予防することができます。

 

カンジダになってしまった時は薬を使う必要がありますが、普段のケアにコラージュフルフル泡石鹸を使っておくとカンジダは予防できて良いのではないでしょうか。