デリケートゾーン におい 対策

病気で起こるかゆみ

外陰部がかゆい、中からかゆみが・・デリケートゾーンが痒くなる病気の症状と他の病気との区別、生理的なかゆみとの見分け方は?

 

デリケートゾーンが痒くなる原因は大半が、むれや間違った洗浄方法などケア不足によるものですが、病気で痒くなることもあります。

 

そこで生理的なかゆみと病的なかゆみを区別するポイントを見ていきましょう。

 

病気で起こるかゆみ
まず病気で起こる痒みでは必ずと言っていいほどおりものの異常を伴います

  • 白くてポロポロしていたり
  • 黄緑色っぽかったり
  • 赤かったりなど

膿のようなにおいをしたり臭いがくさいなど臭いの異常も伴うことが多いです。

 

また激しく痒かったり痛みを伴ったり水泡ができたりするなどの症状伴っていることがあります。

 

具体的な病気のポイントを見ていきましょう。

 

カンジダなどの膣炎によるもの

膣炎にはいくつかありますが、カンジダは一番有名です。

 

カンジダの症状

 

外陰部激しく痒く白色のヨーグルトのようなおりものが出る
下着がカス状のおりもので汚れる

 

外陰部が激しく痒くて肛門まで真っ赤になっている
ヒリヒリと灼熱感がする場合もある

 

特徴は白いポロポロとしたおりものと激しいかゆみです。
逆に痒みがあっても少しだったりポロポロしたおりものは出ていない場合はカンジダでない可能性が高いです。

 

カンジダは性病ではなく、体にいつも住んでいる菌が急に増殖して起こる日和見感染という病気です。

 

普段は数が少なくて悪さをしないのですが、体力が低下したり妊娠中にだってあったりステロイド剤を使っていたり、
抗生物質を長く使っていたりすると免疫力が落ちてカンジダ菌が増殖します。

 

そうするとかゆみおりものの異常などの症状が出てきます。

 

診断と対策
婦人科でおりものとって顕微鏡で菌がいるかどうかを見ます。
これで診断が着きます。

 

対策方法はカンジダというカビ菌を殺すための薬を膣の中に入れることです。

 

これは市販品でも売っていてフェミニーナ腟カンジダ錠という薬が有名です。
これは6日間使うことでカンジダの再発を治してくれる薬で、薬局剤師がいる薬局で買うことができます。

 

カンジダはすぐ治る病気ですが、体力が低下していると再発しやすい病気なので再発を繰り返すもとを治すことが大切です。

 

萎縮性膣炎

症状
少しデリケートゾーンが痒く黄色い膿のようなおりもの膣から出血する

 

これは更年期の女性の起こりやすく、更年期以降の女性に起こりやすく膣の分泌物が少なくなって細菌に感染しやすくなって起きる起きる病気です。
別名老人性膣炎と言います。

 

細菌感染なので細菌を培養したり細胞診を行ったりして診断を確定します。

 

 

治療方法は
女性ホルモンが不足して起きることから女性ホルモンの補充療法が行われています。

 

非特異性膣炎

どんな症状が出るか
黄色い膿のようなおりものがいつでも出て
下着が汚れる悪臭がある
腹痛があるなどの症状が特徴

 

カンジダ・トリコモナスなど特定の病原菌で起こるのではなく、
普通の雑菌例えば大腸菌やブドウ球菌のような菌で起こる自然のことを言います。

 

膣の善玉菌であるデーデルライン桿菌が減少してしまったり糖尿病があったりすると発症しやすい病気です。

 

抗生物質で治療します。

 

性病によるデリケートゾーンのかゆみ

 

膣トリコモナス症によるもの

 

トリコモナス腟炎の症状
泡立ったおりものが出る黄緑色になっている少し痒い痒みがある外陰部が赤くなったり尿するときいただきする

 

 

これは性感染症で男女ともにかかる病気です。

 

診断はトリコモナス虫がいるかどうかを見るもので、
治療方法はメトロニダゾールなどの内服が必要です。

 

淋菌性腟炎

性病の中で最もありふれた病気
淋菌が感染して起こる病気で性交によって感染します。

 

女性は膣炎が始まっておりものが多くなって下着が汚れます。
尿道の方に広がると痛みが伴います。

 

膿を採取して淋菌がいるかどうかを調べます。
尿検査もします。治療方法は抗生物質を内服が注射します。

 

 

性器ヘルペス

外陰部に軽い痒みがあり水ぶくれが出来て破れてやがて潰瘍ができる

 

尖圭コンジローマ

外陰部にかゆみが出て白い色やピンク色のカリフラワー状のイボがたくさんできる肛門までイボができる

 

 

糖尿病での糖尿で痒くなったり蟯虫で痒くなったりシラミやまたずれなどで痒くなったりすることがあります。