デリケートゾーン 黒ずみ 原因と対策

デリケートゾーンが黒ずむ理由

そもそもなぜデリケートゾーンが黒ずむのでしょうか。
黒ずむ原因はメラニン色素が皮膚に溜まってしまうこと。

 

メラニン色素といえば日焼けですが、デリケートゾーンは普通日に当たりません。
なぜメラニンが溜まってしまうのでしょうか。

 

実は日焼け以外の原因でもメラニン色素が溜まってしまいます。

 

その原因の一つに「皮膚への刺激」があります。

 

デリケートゾーンでは、下着との摩擦や締め付けが刺激になります。
そうすると、皮膚の細胞が自分を守ろうとしてメラニンを作ります。

 

このメラニンで皮膚が黒ずんで見えます。

 

この作られてしまったメラニンも、ターンオーバー(新陳代謝)でいらなくなった皮膚と一緒に落ちます。
しかしターンオーバーが正常でないと同じところにメラニン色素が溜まり続けます。

 

また刺激がずっと続いていると同じ所にメラニンが生成され続けてどんどん黒ずみがひどくなっていきます。

 

なぜデリケートゾーンは黒ずむ?原因と対策方法は

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因

  • 刺激でメラニンが生成される
  • メラニンが正常に排出されないと黒ずみがとれない
  • 下着などの刺激が続く場所はどんどんメラニンが作られてしまう

 

黒ずみの対策方法

それではデリケートゾーンの黒ずみはどうしたらいいのでしょうか。

 

方法は

  • メラニンがができてしまった皮膚を早く排出する
  • そもそもメラニンの発生を予防する

 

皮膚の入れ替わりを待つ

まず考えられるのが、できてしまったメラニンを排出すること
いらない皮膚と一緒にメラニンを落とすことです。

 

ただこれだと下着が当たるところのような、同じ刺激が続いているところは黒ずみが止まってくれません。

 

メラニンができる過程をブロック

メラニンが作られなければデリケートゾーンが黒ずむことはありません。
ですので黒ずみを抑えるには、メラニンの生成を予防してくれるグッズを使えば良いのです。

 

 

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームで対策

トラネキサム酸やビタミンcといった成分はメラニンの生成を抑えてくれる効果があります。
メラニンの生成を抑えて黒ずみを防いでくれます。

 

ターンオーバーを正常にして古くなった皮膚が早く排出

古い角質による黒ずみを防いでくれるのはジャムウ石鹸

 

二つの違い
違いは、
黒ずみ対策クリームにはメラニンの生成自体をを抑える作用があるけれど、ジャムウ石鹸にはそれがない
ジャムウ石鹸は黒ずんでしまった肌を早く排出できるようにしてくれるのですが、
メラニンが生成されるのを防ぐことはできません。

 

ですのでより黒ずみ対策クリームのほうが根本的な対策になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策におすすめの美白クリーム
メラニンの生成を抑えてくれる商品
ホワイトラグジュアリー
ヴェルホワイト ベルホワイト
イビサクリーム
デリケートゾーン黒ずみ対策クリームランキング

 

日常生活での注意も大切

 

  • デリケートゾーン刺激を与えないこと
  • デリケートゾーンをしっかり保湿すること
  • ターンオーバーを正常に保つこと

 

デリケートゾーンは日に当たる事がないので日焼け止めクリームを塗ったりする必要はありませんが、刺激という大きな原因があります。

 

デリケートゾーンの刺激

  • きつい下着を着ない
  • ナプキンなどが擦れないようにする
  • デリケートゾーンのアンダーヘアの自己処理

カミソリも刺激となってしまい黒ずみが悪化してしまうことがあります。

 

ストレスを減らす

お肌のターンオーバーを正常に保つためにストレスや疲労を避ける
ストレスや疲労は女性ホルモンのバランスを崩してお肌のターンオーバーを乱してしまいます。

 

肌を保湿する

デリケートゾーンが乾燥してしまうと刺激を受けやすくなり黒ずみが悪化します。ですので専用洗剤などで洗い強くてデリケートゾーンが乾燥してしまうようなボディソープなどを使わないようにしましょう。