もしかして病気?デリケートゾーンにおいが強くなる原因

デリケートゾーンのにおいの原因

デリケートゾーンにおいは他人と比較しにくく自分のにおいが強いのではないかと不安になることも多いです。

 

特に生理の時は臭いは強くなり1日に2回も三回も洗いたくなる方は多いのではないでしょうか。

 

大体のにおいは生理的なにおいで害があるものではありません。

 

雑菌によるにおいで雑菌がおりものや血液や恥垢などの栄養を分解し、
老廃物を出す事でにおいが発生します。

 

デリケートゾーン雑菌

 

  • 汗で蒸れて臭い
  • タンポンをいれたままにしている
  • 稀にデリケートゾーンのわきが、すそわきががありにおっている

 

 

 

病気で起こるデリケートゾーンのにおい

しかし中には病気が原因でデリケートゾーンのにおいが強くなる場合もあります。

 

膿のようなにおいがする場合はトリコモナス腟炎・萎縮性膣炎の脳細菌感染が考えられます。

 

それは子宮頸がんや子宮内膜炎・淋病やトリコモナス膣炎など

 

子宮内膜炎の症状

膿のようなおりものがでて、不正出血します
分娩や性感染症などが誘因となっておこります

 

 

淋病の症状

おりものが多くなって下着が汚れたり、尿道に広がると排尿時に痛みが出ます
不妊症の後遺症が残ることがあるので注意が必要です

 

 

トリコモナス症の症状

膿のような黄色のおりものが増えて、膣カンジダほどではないけれども痒みが出る、尿道に感染すると胱炎似た症状が出ることもあります。
おりものから膿のようなにおいがすることがあります

 

 

おりものの色や量がおかしくなってきて悪臭がしだしたら婦人科を受診した方が良いでしょう。

 

 

正常なにおい

デリケートゾーンは無臭ではありません。
デリケートゾーンはデーデルライン桿菌という菌が乳酸を出しています。
それで少し甘酸っぱい臭いが正常なにおいです。