どうしたらいい?デリケートゾーンの年齢別におい対策方法

デリケートゾーンのにおい・汗・ニキビ・おりもの

皮膚のうるおい運動能力の低下など体の機能や能力は年齢でどんどん変わっていきますよね。実はデリケートゾーンでも同じことは起きています。

 

10代のデリケートゾーンと20代から40代のデリケートゾーンは違った特徴があって悩みもまた別になっています。

 

どうしたらいい?デリケートゾーンの年齢別におい対策方法

 

10代のデリケートゾーンは

生理が始まる10代前半から後半まで女性ホルモンは増えていき、
生理周期判定で早く来たりなんかがつかなかったりそんなことを繰り返してだんだん安定した生理周期になって行きます。

 

特に20代に近づく頃から女性ホルモンの関係でおりものの量が急に増えたりして心配になることもあります。

 

 

酸化皮脂腺が発達して動きが活発になり、ニキビが出来たりあせもができたり、デリケートゾーンが臭うようになったり、油っぽくなったりとトラブルも起こり始めます。

 

汗や皮脂の分泌が活発になってむれ矢理においが気になるのこの頃からです。

 

対策方法は自分に合ったナプキンを探す
日頃のおりものの量が増えてきたらおりものシートを使うようにする
思春期特有のにおいがしてきたりデリケートゾーンにおい強くなったりしても石鹸でゴシゴシ洗ったりするのはだめ
デリケートゾーン専用の石鹸を使って優しく丁寧に洗います。

 

欧米では10代からデリケートゾーン専用のケア商品を使い始めデリケートゾーンのケアが本格的になります。

 

 

20代から30代のデリケートゾーン

卵巣機能が一番活発で妊娠や出産に必要な体の準備が整う時期です。
女性ホルモンは20代半ばから急増し30代半ばにピークを迎えます。

 

こうするとまず感じるのがおりものの量が増えることあまりたくさん出て来て驚いてしまうこともあります。
また女性ホルモンの増加で気になるのがpms

 

生理前のイライラや落ち込みなどが10代の頃より激しくなることが多いです。

 

家庭を持ったり結婚したりなど生活上の変化もありストレスや生活習慣の変化から、ホルモンバランスが乱れて肌荒れや生理トラブルも増えてくることがあります。

 

この頃の対策はおりものシートを使うだけでは足りなくなり1日に何度も取り替えないといけなくなったりします。
また生理の量も出産を機会に大幅に増えてオムツをしないといけないというたとえもされるぐらいです。

 

生理ナプキンやおりものシートなのでかぶれないようにこまめに取り替えて、蒸れにくい下着を着たり、きつくないズボン履いたりするといった対策が必要になってきます。

 

40代から更年期のデリケートゾーン

30代からは夜に女性ホルモンが減少し始めます。
それで生理が不規則になったり更年期の症状が出たり、尿漏れなどの新たなトラブルを抱えることがあります。

 

お肌はコラーゲンヒアルロンが減って乾燥したりカサカサしたりしますが、デリケートゾーンでも同じことが起きます。
デリケートゾーンでは分泌物が減って乾燥しがちになりデリケートゾーンの自浄作用が弱まってきます。

 

デリケートゾーンの自浄作用というのは膣内の善玉菌の活動で、これが減ることで萎縮性膣炎の頭の病気にかかったり、今までよりかぶれたり痒みがしたりすることは寝ます。

 

対策方法はデリケートゾーン保湿すること
特に分泌物が減少してくるとデリケートゾーンが乾いて細菌に感染しやすくなるので、デリケートゾーンの環境を壊さない石鹸で毎日ケアするのは大切です。

  • そして肌に優しい素材のショーツを使うこと
  • 締め付けすぎないガードルを選ぶこと