おりものが白くなる黄色くなる原因病気と対処法は?

おりものが白くなる病気:カンジダ

 

一番に考えられるのはカンジダ
カビ菌の一種のカンジダがデリケートゾーンで増殖することで起こる病気です。
白っぽくてポロポロしたおりもの下着に着きベトベトしています。
そして色だけではなく外陰部がひどいかゆみになるという症状が出ます。

 

この病気は性感染症ではなくて、ストレスや疲れている時に免疫力が低下してかかる病気です。
市販薬病院の薬で簡単になるのですが、再発しやすい病気なので疲れやヒッチ病などのカンジダになる原因を直さないとなかなか治りません。

 

 

クラミジア:白っぽいおりものが増える病気

もう一つにクラミジア感染症があります。
クラミジアになると子宮頚管炎などが発生し白いおりもの〜黄色い膿のようなおりものが出ることがあります。
その他にか腹部痛あるの症状が出ることがあります。

 

トリコモナス症:白っぽい〜黄緑色のおりもの

おりものが白くなる病気にトリコモナス膣炎があります。
トリコモナス腟炎なると乳白色や黄色のおりものが増えてきます。
かゆくなることもあります。

 

おりものが黄色っぽくなる病気

まず考えられるのがクラミジア感染症白っぽいおりものになることもありますが、黄緑色のおりものになることがあります。
これは性感染症でか腹部痛が伴伴うことがあります。

 

淋病
淋病でもおりものが黄緑色になることがあります。

 

来た性感染症ではありませんが、非特異性膣炎というブドウ球菌や大腸菌などが原因で起こる喫煙で白っぽいオリモノから黄色っぽい木黄緑色っぽいおりものが出ることがあります。

 

 

病気ではない場合

おりものの量は性周期で量やにおいや質が変わっています。

 

生理前の前の時期は粘り気があるちょっと黄みがかった白色のおりもの
そして生理が始まるとおりものの量が少なくなり、排卵期にゼリー状で透明で水っぽいおりものが大量に出るようになります。

 

これはホルモンが正常に分泌されている証拠なので心配する必要はありません。