デリケートゾーンを洗いすぎると臭くなるという説は本当なのか?

清潔にしすぎは臭いが強くなる

これは本当
原因は善玉菌が死んでしまい悪玉菌が増えること

 

原因は悪玉菌の繁殖

 

デリケートゾーンにおい

 

人間の皮膚ににはいいにおいを出す表皮ブドウ球菌という善玉菌がいてデリケートゾーンを保っています。
この菌は皮膚がしっとりしていて乾燥していない時にたくさんいます。

 

この表皮ブドウ球菌は、皮膚についている皮脂や汗などを食べて弱酸性の物質を出して皮膚を守ってくれています。
この菌が出す物質はいいにおいがします。

 

問題はこの菌を殺してしまった時
この菌を殺してしまうと悪玉菌が繁殖してアンモニアやおなら臭い臭いのもとになるインドールや硫化水素などの嫌な臭いを出します。

 

この菌はどうして殺されてしまうのでしょうか。
それは皮膚に良くないアルカリ性の石鹸で皮膚の表面のバリアを落としてしまった時

 

この善玉菌は水で洗うだけで70%も落ちてしまいます。
しかし水で洗うだけなら残った気が繁殖してまた正常な量に戻ってくれるんですが、アルカリ性の石鹸・タオルでゴシゴシ洗うと99%落ちてしまい正常な量に戻って来れなくなります。
こうなると悪玉菌繁殖してデリケートゾーンや体臭がきつくなります。

 

ですのでデリケートゾーンのにおいを防ぐには環境を壊さないやさしい石鹸を使って皮膚が善玉菌が繁殖しやすいようにしてあげないといけません。
そして皮膚にうるおいがないと善玉菌は繁殖してくれませんので適度な保湿も大切です。